作曲家ブルー・アイランド先生こと青島広志さんが、文・絵ともに手がけた初の児童書。

 

【内容紹介】

おんがくの しくみが あそびながら わかっちゃう!
ブルー・アイランド先生が 子どもたちのために かいた はじめての 絵本!!


【ご両親と先生へ】

「この絵本の使い方にきまりはありません。自由にイメージしてお子さんたちの感性を引き出してください。」

 

【仲道郁代さん(ピアニスト)推薦】

「これは楽しい“目で見る音楽”ですね。おんぷが めからとびこんでくる みたい。」
音楽のやくそくを分かりやすく、イキイキとした感覚で教えてくれるところがステキ!
“生きている音”を楽しんじゃう、はじめの一歩にぴったり!」

 

【青島広志さん談】

「がくふは、目で見て感じるものです。この本から、音楽のきまりをかんじとって下さい。」

 

【著者プロフィール】

青島 広志(あおしま ひろし)作曲家
1955年生まれ。東京芸術大学および同大学院修士課程を首席で修了。修了作品のオペラ《黄金の国》(原作:遠藤周作)が同大学図書館に購入され、都民芸術フェスティバルで過去2回主催公演となる。ほか《火の鳥》(原作:手塚治虫)、《黒蜥蜴》(原作:三島由紀夫)、管弦楽曲《モチモチの木》《その後のピーターと狼》、ピアノ曲集《泰西名画集》、合唱曲《マザーグースの歌》、ミュージカル《11ぴきのネコ》など、その作品は200曲余りにおよぶ。
ピアニスト・指揮者としての活動やコンサートやイベントのプロデュースも数多く、NHK「ゆかいなコンサート」の初代監督を務め、NHKラジオ「みんなのコーラス」「高校音楽講座」にレギュラー出演するほか、テレビ朝日「題名のない音楽会」アドバイザー、日本テレビ「世界一受けたい授業」、テレビ東京「たけしの誰でもピカソ」、TBSラジオ「こども電話相談室」への出演、雑誌の連載でも人気を博す。
著書に『モーツァルトに会いたくて』『青島広志でございます!』『あなたも弾ける!ピアノ曲ガイド』『青島広志の楽器のおはなし』『ヨーロッパの忘れもの』(学習研究社)、『やさしくわかる楽典』(日本実業出版社)、『作曲ノススメ』(音楽之友社)、『音楽名曲絵画館』(ショパン)、『21世紀こどもクラシック』(全5巻・小学館)、『音楽家ってフシギ』(東京書籍)、『オペラ作曲家によるゆかいでヘンなオペラ超入門』『作曲家の発想術』(ともに講談社)、『究極の楽典〜最高の知識を得るために』(全音楽譜出版社)、『音楽家をめざす人へ』(ちくまプリマー新書)などがある。
東京藝術大学、都留文科大学講師。日本現代音楽協会、作曲家協議会、東京室内歌劇場会員。

 

ISBN:978-4990731205

ブルーアイランド先生のがくふのほん

¥1,760価格

    〒183-0015

    東京都府中市清水が丘1-4-50

    アマネコビル2F

    TEL:042-306-8231

    ​FAX:042-306-8239

    Shop

    Socials

    Be The First To Know

    ​ニュースレターのご希望は

    © 2023 by amanekosha. Proudly created with Wix.com